掘り出し物不動産を見つけるには

一戸建てやマンションなどで掘り出し物の不動産を見つけるには、いくつかの不動産会社に足を運ばなければなりません。
大変手間がかかってしまいますので、お仕事などで時間のない時はとても出来ないものでした。

ですが最近では不動産会社のホームページから会員登録をされると非公開物件をご紹介してくれる場合があります。
非公開物件の中から希望のエリアや沿線、価格、間取り、築年数、駅徒歩、物件種別などに合ったものがあればメールで知らせてくれます。

売主様が住んでいる近隣の人に売りに出したのを知られたくない、売却までの予定がまだ決まっていない、信頼できる不動産会社に依頼したいなどの理由で非公開にしています。
掘り出し物の不動産は非公開物件の中に多いと言われており、そんな非公開物件をご自宅に居ながら知ることが出来るのです。

不動産会社によっては非公開物件を取り扱っているところ、取り扱っていないところとあります。
インターネットで検索して非公開物件を取り扱っている不動産会社を探してみてください。

不動産査定を比較したい

自身の不動産を査定してもらっても、それは実際に売買が成立したというわけではありません。その査定結果はあくまでも「売却できたらそれくらいの金額になる」というものです。さらに仲介を査定を行った事業者に任せる場合、その結果は「そのくらいの価格で販売します」という宣言でもあります。そのため、もっと高い金額で売却したいと考えるのであれば、その査定結果に納得することができない場合は、新たな事業者に取り扱いを検討してもらう必要が出てくることになります。

そのため、複数の事業者にその行ってもらうことは比較的一般的な取り組みです。取り扱う側の仕組みによってもその物件をいくらで販売しなければいけないのかということに違いが出てくるものです。買い手にとっては仲介手数料も含めた「総額」がその物件の価値になりますし、現在のオーナーにとってはそれらを差し引いて自身の手元に入ってくる金額がその不動産の価値になります。

事業者によって仲介手数料のつけ方が違ったり、宣伝などにあまり予算を投入しないような事業者の場合は、売買にかかる手間を削減することで低額に押さえて販売することが可能になっていたりします。「不動産単体でいくら」という査定の先に「売却」を考えているのであれば、そのような事業者の仕組み、システム面にも注意を払う必要があります。

実際に売却する際は、事業者と媒介契約を取り交わすことになりますが、査定の結果によってすぐに決めてしまうのではなくて、そのような仲介側のシステム面やどのような顧客がついているのかなど、「その先」を見据えた判断がオーナーにとっては一番大切です。その不動産が魅力的である場合、媒介契約を結びたい事業者はたくさんでてきますので、比較も容易です。