おすすめ投稿

掘り出し物不動産を見つけるには

一戸建てやマンションなどで掘り出し物の不動産を見つけるには、いくつかの不動産会社に足を運ばなければなりません。
大変手間がかかってしまいますので、お仕事などで時間のない時はとても出来ないものでした。

ですが最近では不動産会社のホームページから会員登録をされると非公開物件をご紹介してくれる場合があります。
非公開物件の中から希望のエリアや沿線、価格、間取り、築年数、駅徒歩、物件種別などに合ったものがあればメールで知らせてくれます。

売主様が住んでいる近隣の人に売りに出したのを知られたくない、売却までの予定がまだ決まっていない、信頼できる不動産会社に依頼したいなどの理由で非公開にしています。
掘り出し物の不動産は非公開物件の中に多いと言われており、そんな非公開物件をご自宅に居ながら知ることが出来るのです。

不動産会社によっては非公開物件を取り扱っているところ、取り扱っていないところとあります。
インターネットで検索して非公開物件を取り扱っている不動産会社を探してみてください。

不動産査定を比較したい

自身の不動産を査定してもらっても、それは実際に売買が成立したというわけではありません。その査定結果はあくまでも「売却できたらそれくらいの金額になる」というものです。さらに仲介を査定を行った事業者に任せる場合、その結果は「そのくらいの価格で販売します」という宣言でもあります。そのため、もっと高い金額で売却したいと考えるのであれば、その査定結果に納得することができない場合は、新たな事業者に取り扱いを検討してもらう必要が出てくることになります。

そのため、複数の事業者にその不動産の査定を行ってもらうことは比較的一般的な取り組みです。取り扱う側の仕組みによってもその物件をいくらで販売しなければいけないのかということに違いが出てくるものです。買い手にとっては仲介手数料も含めた「総額」がその物件の価値になりますし、現在のオーナーにとってはそれらを差し引いて自身の手元に入ってくる金額がその不動産の価値になります。

事業者によって仲介手数料のつけ方が違ったり、宣伝などにあまり予算を投入しないような事業者の場合は、売買にかかる手間を削減することで低額に押さえて販売することが可能になっていたりします。「不動産単体でいくら」という査定の先に「売却」を考えているのであれば、そのような事業者の仕組み、システム面にも注意を払う必要があります。

実際に売却する際は、事業者と媒介契約を取り交わすことになりますが、査定の結果によってすぐに決めてしまうのではなくて、そのような仲介側のシステム面やどのような顧客がついているのかなど、「その先」を見据えた判断がオーナーにとっては一番大切です。その不動産が魅力的である場合、媒介契約を結びたい事業者はたくさんでてきますので、比較も容易です。

一度中に入ってみたいです

世間にはいろんな家があります。
いろんな面白い住宅を紹介する番組が好きな私としては、歩いているとついいろいろ見てしまいます。

いろいろ見てきた中で、面白いなと感じた家はいろいろありましたが、例えば、草で覆われている家です。
最近では、夏の暑さ対策としてゴーヤを育てて、すだれにつたを絡ませている家がよくあります。

我が家でもしていますが、すだれが掛かっている所はなかなかに草まみれです。
ですが、そのような比ではありません。

家全体がつたに覆われているのです。
住み心地をよくするために行っているのか、それとも単なる趣味なのか、理由は分かりません。

小学生くらいの時(15年ほど前の話です)であれば、「気持ち悪いな。
」なんて思ったと思いますが、環境問題が叫ばれている昨今においては、エコに良いのだろうなと思います。

自宅をこうしたいとは思いませんが、実際、中はどんな感じになっているのか、住みやすい家なのか、一度お邪魔させてもらいたいものです。

購入した住宅で不満に思うこと

新築の注文住宅を購入しましたが、メーカーの選定や家の構造、間取りや設備など多くの検討と選択をしました。
概ね満足いく住宅を得られたと感じていますが、不満に思うこともあります。

住宅は二度、三度建てないと本当に満足いく家は手に入らないと聞いたことがありますが、その通りだと思います。
住み始めて気付くことや、もっとこうしておけば良かったと思うことが出てきます。

我が家で不満に思うところは、部屋によって寒さに違いがあることです。
暖房設備は温水ルームヒーターを設置しましたが、もっと多くの部屋に設置しておくべきだったと感じます。

浴室についても冬は非常に寒くて辛いです。
打ち合わせの中で浴室暖房のオプションがあることは知っていたのですが値段を押さえるためにやめてしまいました。

お風呂は毎日利用する場所なので、もっと快適な設備にして冬でも安心できる浴室暖房にすればよかったです。
暖房関係で失敗したという印象で、もっと良く検討しておけばよかったです。

バリアフリーを考慮した家やマンション

 これから家やマンションに改めて購入しようとするならば、バリアフリーのことを考慮して購入をすべきです。
 今もそうですが、これからの時代は超高齢化社会となり、体の不自由な高齢者は今よりもっと増えていくはずです。

そんなとき、生活の拠点となる家やマンションがまったくバリアフリーになっていなかったら、高齢者は生活していくのにとても苦労してしまいます。
 ですから、たとえ家やマンションを購入するときは健康で五体満足だったとしても、将来を考えるならばバリアフリーの家やマンションをなるべく視野に入れておくべきです。

 正直、バリアフリーの家やマンションですとそれなりに資金がかさんでしまうため躊躇してしまう人が多いのかもしれませんが、やはり現実問題としてバリアフリーは考えておくべき身近な問題だと私は思います。
 ですので、自分のことや家族のことを末長く考えるならば、バリアフリーを考慮した家やマンションを購入すべきだと私は思っています。

古いアパートが好きな理由

家具や雑貨など、ちょっと古い昭和の物が好きな私は、アパートもちょっと古めがすき。
クローゼットも、カウンターキッチンもない、だけどとても使いやすい。

今すんでいるアパートは築37年。
外壁はひび割れて補修した後があるし、ひどい雨のときには1度雨漏りもあった。

だけど大家さんがとても親切でマメな方なので、何があっても安心して相談できる。
電話すればすぐに来てくれて、修理できるところはチャチャッとやってくれる。

そんな大家さんとの関係も、ちょっと昭和の香りがするから好き。
そんなアパートの一番のお気に入りは、タイルの使い方。

台所の壁の一部分には、懐かしい水色の正方形のタイルがしきつめられている。
それが部屋の白い壁とよくマッチしていてかわいらしい。

それからお風呂の床のタイルは、昔のおばあちゃんちにあったような懐かしいもの。
黒や茶色、白、マーブル模様の涙型~楕円形の大小不揃いなタイルが、器用に敷き詰められている。

友だちが来た時に見せたらとてもうらやましがってくれた。
最近はこんなふうにタイルを並べられる職人さんが減ってきているらしく、結構貴重なものだという。

37年間、大家さんとこれまでの住人が、このアパートを大事にしてきたおかげで、この部屋を満喫できているのだな、と思うとまた一段とこの部屋に愛着がわいてくる。

家庭菜園を始めませんか

野菜の価格が高騰しているご時世であっても、健康のことを考えれば野菜を食べないというわけにはいきません。
高いのであれば自分で作ってみようということで、家庭菜園に対する人気が昨今高まっています。

マイホームを購入したのであれば多くの方が家庭菜園をやってみたいと考えているのではないでしょうか。
我が家も家庭菜園を行っています。

しかし、ここ最近のことではありません。
母は、実家で暮らしていた時から祖母の野菜の栽培の手伝いをしていたということもあり、嫁いで来てすぐ家庭菜園を始めました。

そのためか、生まれた時から家の野菜を食べてきた私には、野菜が高いものというイメージがありません。
スーパーなどで買うことがないからです。

野菜はその辺に生えているものであり、食べたければ取ってくれば良いというものです。
育てている母を見ていると、毎日きちんと手入れが必要なので楽ではなさそうです。

ですが、やっている母はとても楽しそうです。
家計にも優しく、趣味にもなる家庭菜園は多くの方にしてもらいたいですね。